つなぎ目をしっかり考える必要がある

つなぎ目をしっかり考える必要がある

キッチン・トイレの床・お風呂場をリフォームしました。トイレとお風呂は一度リフォーム済みでしたが、トイレは比較的綺麗だったため、床をタイルから木の床に変更しました。お風呂は昔ながらのステンレスのような銀色の物から、今風の物に変えました。壁や床はシックな雰囲気になり、今までできなかった追い炊きやキッチンのボタンを押すだけでお湯を張れる昨日など、便利になったことにも満足しています。

 

またキッチンはもともとカントリー調でとても気に入っていたのですが、縦に長くさらに収納スペースが少ないことが、悩みの種でした。吊り戸棚の中にあまり使わないお皿などを入れておいても、上から重いものを出すのはとても億劫で、結局しまい込んだままになっていたのです。また調理台を引き出して使う機能があったのですが、結局そこは常に引き出して物を置いておく状態になっていたので、来客があっても中に入ってもらえないほどかなり雑然としていました。

 

そこで食器棚併設のシステムキッチンを入れてもらい、不要なものは全て捨てることになりました。システムキッチンだとかなり細かく収納スペースが区切られているため、こまごましたものもきちんと居場所を決めて収納できます。おたまやフライ返しなど、今まで立てていたものも引き出しに入れることで、見た目もかなりスッキリしました。

 

ラップなどの在庫も一目瞭然なので、買い忘れることも減りました。食器棚は今まで離れたところにあったので不便だったのですが、すぐに手の届くところへまとめて入れることにより、効率よく料理ができるようになりました。さらに今までなかった食洗機まで入れてもらい、かなりストレスが減りました。

 

ただし、これはキッチンもお風呂場もトイレにも全て言えることですが、リフォームしているところとしていないところのつなぎ目がとても不自然です。もっと話し合えばよかったのですが、ここまで目立つとは思っていませんでした。窓枠1つでも全然合わないので、リフォームするならある程度まとめてやるべきだと学びました。

お風呂のドアを交換リフォーム

自宅は築年数がだいぶ経過しているため、どこも正直ボロボロになっていました。特にトイレやお風呂などの水回りは傷みが激しく、どうにもならないトイレのリフォームは済ませたものの、お風呂のドアは傷んでいてもまだ使えると掃除をして手入れをして使用していました。

 

ところがある時、身内に要介護者が出てしまい、さあ大変。ケアマネージャーをはじめ、介護用品の業者や病院の介護士達が、家の状態を見に来ると言うのです。お風呂が要介護なだけに、これには非情に焦りました。どんなにお掃除していても、みっともなくて恥ずかしい…という事で急きょお風呂のドアの交換リフォームを業者に依頼しました。

 

古い時代のお風呂のドアは片手引きで、構造上介護向きではありません。交換後のドアは折り戸で、ドアのほとんどはガラス張りでした。慌てていたので特に介護用の注文を付けてはいませんでしたが、現在主流のそのタイプは、ドアを大きく開くことなく畳めて開閉ができるため、浴室内が広くなり出入りしやすくなりました。

 

片手引きのドアは大きく出入口を開閉しなければならないため、冬の時期はなにかと寒かったのですが、折り戸であれば体が通る分開けば十分です。それに浴室内の照明がガラス越しに漏れるため、脱衣場も明るく見た目の感じが良くなりました。

 

リフォーム料金は、これくらい仕方ないと思える価格でしたが、正直パソコンやパソコンソフトが買えると思い頭が痛かったです。ただし、お風呂は毎日の生活にかかわる場所でもあったため、この機会にドア交換を済ましたことでかなり快適になったため良かったと思いました。

 

こういったリフォームをするといつも思う事なのですが、基本的に電化製品をはじめ生活用品は新しい物の方が快適だということです。最近では昭和レトロが流行っており、あえて古い時代の家に住み、古い家具、家電で過ごしている人もいますが、浴室トイレなどの水回りはどのようにしているのかなあと思います。

間取り変更リフォーム

中古で4LDKのマンションを買いましたが、3人家族なので部屋は3つしか必要ない、その分リビングを広げようという事でリフォームをしました。

 

業者選びが大変でした。まずはネットで調べましたがリフォーム代がかなり違った為に、どれが適正価格なのかリフォームサギの話しも聞いた事があったので、どうしてよいのかわからずマンションの仲介業者にたずね業者さんを紹介してもらいました。

 

期間は約1ヵ月半でした。部屋の壁をこわしたのを初めて見たのでインパクトがありました。壁紙や床材を色々な展示場に見に行ったのは楽しかったです。しかし実際に床材をはっての出来上がりと床材を展示場で見たりサンプルをもらってきて部屋においたりしてイメージしていた出来上がりとは、うちの場合はよい方向になりましたが、こんなにもちがうものかというぐらいに違ったのは驚きでした。

 

不動産屋さんへの仲介料も含まれていたのかネットで見て考えていたより、かなり高くなって約150万円しましたが、マンションのコンシェルジュをはじめ近所の方などに、こちらから何も言わないのに挨拶まわりをしてくださったり、エレベーターも住人の方の迷惑にならないよいにと気遣ってくださったり、実際に住んでみて不便はないかとたずねてくださったり、よい業者を紹介してもらってよかったなと思いました。

 

子供が独立したら2LDKにする予定なので又お願いしたいなと考えています。

 

戸建ても持っているのですが、当たり前ですが戸建ては本当に自分勝手にできましたがマンションは戸建てと違って管理組合に話しをとおし許可をもらったりと時間や手間がかかったり色々と大変な思いもしましたが、リフォームをしてリビングが広くなり住んでいて快適ですし、マンションの同じ間取りに住んでいる友人が訪ねてきたときに大変うらやましがられリフォームをしてよかったなと思っています。

 

リフォームは勇気とお金がいりますがおすすめです。

お勧めサイト

  • 一括査定の体験談

    実際に一括査定サイトを利用し、マンションを高く売却できた人の体験談やよくある質問など。

  •  

  • 家売却相場

    家を相場よりも高く売るための方法、実際に一戸建てを賢く売却できた人の体験談など。